糖尿病は動脈硬化症を進行させ、脳梗塞や狭心症・心筋梗塞の危険因子ともなるので予防のためにも治療が必要です。

糖尿病について

待合室

糖尿病とは

膵臓という臓器で生成・分泌され、全身に送られるインスリンというホルモンがうまく作用しなくなったり、不足したりすることにより、慢性的に血液中のブドウ糖が高い状態(高血糖)になっている病気です。

糖尿病の合併症

慢性的な高血糖状態や代謝異常は、網膜・腎臓の細い血管障害、全身の動脈硬化を引き起こし悪化させます。特に起こりやすい合併症として、糖尿病網膜症・糖尿病腎症・糖尿病神経障害があり、三大合併症といわれます。

糖尿病イメージ◎糖尿病網膜症:眼の奥には細い血管が分布しており、高血糖により障害されやすく、悪化すると眼底出血をおこし視力低下や失明にまで至る場合もあります。定期的な眼科受診をお勧めしています。

◎糖尿病腎症:腎臓は血液中に溜まる老廃物などをろ過して尿として排泄してくれる重要な臓器です。高血糖により腎臓が障害されると、高血圧・貧血・心不全の原因にもなります。さらに悪化すると、老廃物が体に溜まり、尿毒症になります。人工透析が必要となることもあります。

◎糖尿病神経障害:高血糖が続くと、運動神経・知覚神経・自律神経など様々な神経が障害され、手足のしびれ・感覚が鈍くなる、こむらがえり、たちくらみなど様々な症状が現れます。

上記の他にも、糖尿病は動脈硬化症を進行させ、脳梗塞や狭心症・心筋梗塞の危険因子ともなります。このような、合併症を予防するためにも、糖尿病の治療が必要と言えます。

糖尿病の治療

治療法としては主に、食事療法、運動療法、薬物療法があります。薬物療法は、飲み薬とインスリン注射薬に大別されます。一口に飲み薬といっても、以前に比べ使用できる内服薬の種類も多くなっており、それらを組み合わせて治療を行うこともあります。

糖尿病の代表的な検査

HbA1c(ヘモグロビンA1c):採血から過去1~2ヶ月間の平均血糖値を反映し、健診時や糖尿病の診療時に行われる検査の項目です。糖尿病診断や、治療中の血糖コントロールの指標となります。